うみのおと

まちのこと ひとのこと うみのこと

青森

青森市青森県の県庁所在地です。

今回は矢継ぎ早に変化する交通体系に翻弄されたまちの話です。

 

 

1. 青森港

1625年、弘前藩は幕府から江戸への津軽米の輸送を許され、太平洋海運への参加が促されました。

そこで、弘前藩は積み出し港として青森を整備し、青森は城下弘前に次ぐ人口を有する都市へと成長しました。

当初は津軽米の積み出し港として整備された青森でしたが、ロシアが不凍港を求めて東アジアへと勢力圏を拡大すると、蝦夷地(現・北海道)の地政学的重要性が増し、1865年に蝦夷地への渡海地として指定されました。

1871年廃藩置県弘前藩弘前県となり、陸奥国のほぼ全域を所管しましたが、陸運・海運の至便さが評価されて青森へ県庁が移転し、青森県が成立します。

 

1873年から開拓使青森函館間に定期航路を開設し、青森はますます北海道への玄関口としての性格を強め、1891年に日本鉄道(現・東北本線)が青森延伸を果たした際も、青森港に隣接するように駅が開設されました。

 

f:id:CebunseaS:20190611093344p:image

青森港に接続する青森駅。今昔マップより。

 

2. サンロード青森

戦後の地方都市の伸長は著しいものがありました。

 

戦後急増する青森県の人口。

 

この人口伸長は青森市にも認められ、1958年 以降は年間5000人のペースで人口が増加し、2000年には人口30万人に到達しました。

この人口急増を受けて、1960年代に郊外畑地の工業化と工業化が進展し、1970年代のモータリゼーションを招きました。

青森市でも1972年に青森西バイパスが、1978年に青森東バイパスが全線開通し、自動車交通への変遷が進んでいました。

 

f:id:CebunseaS:20190613194346p:image

戦後急拡大した青森市。今昔マップより。

 

その中で、郊外型ショッピングセンターが青森市にも触手を伸ばしていました。

チェーン店の青森進出に対抗するため、青森資本のショッピングセンター開業が企図され、日本初の地元主導型ショッピングセンターであるサンロード青森が1977年に開業しました。

サンロード青森は、青森主導であったため、キーテナントであるジャスコ(現・イオン青森店)よりも地元テナントの店舗面積が広いことにあります。

開業後は他地域のショッピングセンターよろしく大変な活況で、駐車場は連日満車だったそうです。

 

3. テクノポリス

1983年に高度技術工業集積地域開発促進法が施行され、全国26のテクノポリスが指定されました。

【全国26のテクノポリス

道央、函館、青森北上川流域、秋田、仙台北部、山形、郡山、宇都宮、信濃川、富山、甲府、浅間、浜松、西播磨吉備高原、広島中央、宇部、香川、愛媛、久留米・鳥栖、県北国東、環大村湾、熊本、宮崎、国分隼人

 

青森地域では1985年にテクノポリス開発計画が承認され、「北の技術定住都市の建設」をテーマに、弘前大学青森大学青森公立大学(1993年開学)の3大学を核にしたテクノポリスが建設され、産業技術開発センターの充実、テクノセンターの設立等が行われました。

そして、テクノポリスの利便性を高めるため、1985年に青森空港新滑走路が供用を開始して中型ジェットが就航し、1987年に青森空港有料道路が開業しました。また、1987年には東北自動車道が全通しました。

 

4. 青函トンネル

1988年に青函トンネルが開通して青函航路が廃止されました。

北海道への玄関口として成立した青森にとって、本州と北海道を直通する青函トンネルの開通は町の根幹を揺るがしかねません。

このため、青森市青森駅および青森港の再開発に踏み切り、1986年に青森県観光物産館アスパム青森駅ビル・ラビナを開業させました。

しかし、商業機能の中心市街地への揺り戻しはサンロード青森にとっては看過できません。このため、サンロード青森は1985年にリニューアル工事を行い、さらなる魅力の創出に努めました。

 

5. スプロール

サンロードの好況や1979年の青森インター開業を受けて、商業機能の郊外進出が進み、1990年にみなみ百貨店がジョイフルシティみなみとして移転開業しました。

 

【商業施設と青森ねぶた

当時の郊外商業施設の勢いが盛んだった傍証として、青森ねぶたの運行団体を見てみましょう。

サンロード青森は、地元の人々に開店を知ってもらうために、1977年にねぶたの運行を開始し、現在まで運行を続けています。

また、 みなみ百貨店(現・ジョイフルシティみなみ)(1976〜1992)やダックシティー青森ビブレ(現:さくら野百貨店青森本店)(1993〜2001)も運行していました。

 

また、商業施設の郊外移転に呼応して公共施設の郊外移転も進み、1970年に安方魚市場が閉鎖して卸売市場が郊外に移転したほか、青森県立中央病院(1981年)、青森県立図書館(1993年)と続々と移転が進み、行政機能が空洞化しました。

 

さらには、2000年の大店法廃止にあわせてイトーヨーカドー西バイパスパワーセンターが開業するなど、青森市街のスプロール化は留まるところを知らなさそうです。

 

6. 空洞化

各種施設の郊外に呼応して、中心市街地の空洞化が進みました。さらに、バブルによる地価高騰を受けて中心市街地の土地が買い占められた挙句、バブルが崩壊して多くの土地が売れ残りました。

また、中心市街地でも青森駅前への商業集積が進みました。

このため、中心街に位置する松木屋は窮地に立たされ、2003年に閉店に追い込まれました。

 

7. コンパクトシティ

市街地の拡大に伴い、地価が低下するだけでなく、上下水道や除雪の対象となるエリアが拡大しました。

 

f:id:CebunseaS:20190616084813p:image
青森市一般会計(1300億円)の1%以上に及ぶ除排雪経費。除雪はどんな仕事?/青森市平成31年度予算/青森市より。

 

止まらない都市拡大に対する解決策として青森市が打ち出した方策がコンパクトシティでした。

青森市は1999年にコンパクトシティ構想を盛り込んだ都市計画マスタープランを日本で初めて策定し、郊外の開発規制ならびに市街地への開発誘導を展開しました。

コンパクトシティ建設の一環として青森駅前商店街を核とした中心市街地の再開発が進められ、2001年にAUGAが、2006年にミッドライフタワーが竣工しました。

 

f:id:CebunseaS:20190605094809j:image

夜の青森駅前にそびえ立つAUGA。


これらの先進的な取り組みが評価され、青森市は2005年・2006年に政府都市再生本部の全国都市再生モデルの対象都市に選ばれました。

また、2007年には、富山県と共に中心市街地活性化基本計画が国に認められました。

 

8. AUGA

コンパクトシティの核である青森駅前に、虎の子として開業したFestival City AUGA | フェスティバル シティ アウガでしたが、決して平坦な道ではありませんでした。

計画当初はダックシティ(現・さくら野百貨店)をキーテナントに据える予定でしたが、バブル崩壊により親会社のマイカル(現・イオンリテール)は出店を断念しました。

次いで、松木屋に資本参加していた西武百貨店(現・そごう・西武)が老朽化の進む松木屋の移転改装も兼ねて開業する予定でしたが、こちらも出店を辞退するなど、テナント誘致は難航しました。

また、バブル崩壊の煽りを受けて資金調達も難航したため、青森市から資金を借り上げた第三セクターが運営することとなり、高層部には公共施設が配されました。

こうして2001年にやっとこさ開業に漕ぎつけたAUGAは年間600万人もの来館者を誘致しましたが、その経営状況は厳しいものでした。

青森市は、中心市街地の核施設を破綻させるわけにはいかないと、債権取得や利息低減などの支援を試みたが、批判も少なくありませんでした。

 

9. 東北新幹線

どのような批判を受けても青森市青森駅の開発に拘泥したのには、2010年の東北新幹線新青森延伸にありました。

 

1973年に整備新幹線の整備計画が決定され、北海道新幹線東北新幹線奥羽本線の結節点として新青森駅が整備されることとなりました。

この整備計画を受けて、1975年ごろから新青森駅周辺の区画整理が検討されましたが、オイルショック国鉄解体、さらには大宮以南の建設反対運動などを受けて、建設は大幅に遅延していました*1

いつまで経っても延伸しない東北新幹線に住民の不満も募るばかりでした。このため、国鉄(現・JR東日本)は1986年に奥羽本線部を先立って開業させましたが、新幹線の延伸計画はいまだ立っておらず、駅周辺の開発も手付かずのままでした。

 

f:id:CebunseaS:20190611093913p:image

農地や林地が広がる新青森駅周辺。今昔マップより。

 

新青森駅周辺は2001年にやっと都市計画決定されましたが、これは1999年に青森市コンパクトシティ構想を打ち出した後でした。

このため、青森駅に並ぶ拠点とする当初の計画は見直され、青森駅と競合しないよう高さ制限や店舗面積などが制限されました。

しかしながら、2010年に東北新幹線新青森への延伸を果たしてもなお、新青森駅周辺の開発は進まず、更地が広がっていました。

このため青森市は、2011年に商業施設等の開設に対する補助金を、2012年には斡旋事業者に対する支援を設けましたが思うような成果は上がらず、2013年に青森市は高さ制限ならびに店舗面積を緩和しました。
しかしながら、新青森駅の北側を東西に貫通する国道7号沿いにはガーラタウンをはじめ20年以上かけてロードサイドショップ街が形成されたため、新青森駅への出店余地が乏しい状態となっています。

また、市民センター等の配置も一段落しているため、公共施設の立地も現実的でなく、手詰まりの様相を見せています。

 

さて、東北新幹線延伸に合わせて青森駅前の活性化も企図されました。

その核となる施設として、2010年JR東日本によりA-FACTORYが、2011年青森市によりねぶたの家ワ・ラッセが整備され、総合交通ターミナルや青森市観光交流情報センターも整備されました。
しかしながら、青森駅前の再開発に注力され、当初のコンパクトシティの理念と乖離する政策が展開されました。

 

10. AUGA再建

コンパクトシティを目指した青森市でしたが、時代の要請に応じた政策を展開しているうちに、商業機能が青森駅新青森駅・ロードサイドに分散してしまいました。
そして、2009年の市長選で新人の鹿内氏が現職の佐々木氏に打ち勝つと、コンパクトシティは12か所の市民センターを拠点とするものに拡大しました。

しかし、鹿内政権下でもAUGAの経営状況は依然として厳しく、青森市は2億円の融資や債権元金の繰延べ、さらなる支払利息の低減といった支援を施しましたが、2017年に青森駅前再開発ビル株式会社は24億円の債務超過を抱えて解散しました。

そして鹿内市長は、回収不可能となった融資金の責任を取って2016年に市長の座を辞しました。

 

そして、2017年には低層部の商業テナント36店舗が閉店し、テナント跡地には青森市役所駅前庁舎が入居しました。
f:id:CebunseaS:20190605094409j:image f:id:CebunseaS:20190605094420j:image

テナント閉店から青森市役所が入居するまでの間、低層部は営業終了扱いとなっていた。2017年8月撮影。

 

本州と北海道をつなぐ結節点として成立した青森の町は舟運、鉄道、高速道路、航空、新幹線と矢継ぎ早に挿入される交通体系に翻弄されながら、また新たな局面を迎えようとしています。

 

参考

*1:当初、東京盛岡間の完成目標は1977年でしたが、大宮盛岡間の開業は1982年に遅延し、東京盛岡間の全通は1991年までずれ込みました。