うみのおと

まちのこと ひとのこと うみのこと

はたはた

魚へんに雷と書いてハタハタと読みます。

今回は冬の日本海がもたらす恵みの小話です。

 

 

1. ハタハタ

ハタハタスズキ目の深海魚で、鳥取県では山陰沖を回遊しているハタハタを底引き網で漁獲しており、9月から5月が漁期となっています。

しかし秋田県では、11月から1か月ほどハタハタが浅瀬の藻場に移動して産卵するのを狙って、定置網や刺し網で漁獲します。

この漁法ではごく短い期間で大量のハタハタが漁れたため、一度に多くのハタハタを食べられる料理法が生み出されました。ハタハタを魚醤にしたしょっつるハタハタを炊いたしょっつる鍋もその一つです。

さらに、大量のハタハタを食べるため、ハタハタと米を発酵させたハタハタ飯寿司をはじめ、干物や漬け物など様々な保存食が生み出されました。

 

このように、正月前に大量にもたらされるハタハタは、神様の恵みだと考えられました。このため、魚へんに神と書いたハタハタと読みます。

秋田県の習俗に根付いたハタハタは、県民アンケートによって2002年に県の魚に選ばれました。

 

2. はたはた

さてはたはたとは、断続的に起きる音を表す擬音語として平安時代に誕生し、蜻蛉日記上巻の用例が誕生当時の息遣いを残しています。

 

つごもりの日になりてなまといふ物心みるをまだひるよりごほごほはたはたとするぞひとりゑみせられてあるほどにあけぬればひるつかたまらうどの御かた男なんどたちまじらねばのどけし。

 

平安時代以降も断続音としての用法が継続し、義経記などの作品にも用例が見出されます。

 

吹きもて来て、帆にひしひしと当つるかとすれば、風につきてざざめかし走りけるが、何処とは知らず、二所に物のはたはたとなきければ、船の中に同音にわつとぞ喚きける。

 

ですが、この断続音の意味が次第に狭められて、近代には布や翼が風を受けて立てる音や様子のみを指す現代と同様の用法が確立したようです。

 

番町の旦那といふは口数少なき人と見えて、時たま思ひ出したやうにはたはたと団扇うちはづかひするか、巻煙草まきたばこの灰を払つては又火をつけて手に持もつてゐる位なもの、絶えず尻目しりめに雪子の方かたを眺めて困つたものですなと言ふばかり、

樋口一葉,『うつせみ』

 

どうして、断続音を表す擬音語が魚の名前になったのでしょうか。

答えはハタハタが大挙する冬の日本海にありました。

 

〜〜〜〜〜

 

シベリア高気圧から吹き出した風が日本海を渡ると、温暖な対馬海流から寒冷な季節風へ強い上昇気流が発生し、積乱雲が成長します。
この積乱雲が日本海に冬季雷を落とし、冬の到来を続けざまにはたはたと告げるのです*1

 

日本海の雷日数が多い。気象庁HPより。

 


順位 雷日数 観測地点
1位 42.4日 金沢市
2位 35.0日 福井市
3位 34.8日 新潟市
4位 32.2日 富山市
5位 31.4日 秋田市
6位 26.6日 熊本市
7位 26.4日 鳥取市
8位 25.4日 松江市
9位 25.1日 鹿児島市
10位 24.8日 宇都宮市

年間雷日数トップ10。本州日本海側の県庁所在地が全てランクインしている。


この雷雲は雪やあられを伴うことが多いため、日本海では雪起こしや雪雷などの愛称で呼ばれることが多く、富山県ではブリの豊漁期に訪れるためブリおこしとも呼ばれます。
秋田県では、冬季雷の時季に豊漁期を迎える魚を雷の擬音語にちなんでハタハタと呼び、あるいは波多波多の字を当てました。

こうして、はたはたが冬季雷の擬音語として用いられ、冬季雷の轟く時季に豊漁期を迎える魚の名がハタハタとなったのです。

 

参考

*1:冬季雷は世界的に珍しい気象現象で、日本海のほかは、ノルウェー西海岸と五大湖東岸でしか発生しません。