うみのおと

まちのこと ひとのこと うみのこと

東旭川

旭川は北海道第二の都市です。

 

f:id:CebunseaS:20181122093305j:image

旭川のメインストリート平和通買物公園。奥に旭川駅が見える。

 

旭川市街地から旭山動物園へ向かう道すがら、東旭川というまちを通ります。

 

f:id:CebunseaS:20181122231032j:image

東旭川市街地。

 

一見、なんの変哲もない方角地名にみえる東旭川ですが、実は旭川の地名を巡って一悶着あったのです。

 

 

1. 旭川兵村

1886年空知川上流部の上川を北海道内陸の開拓の拠点と考えた北海道は、知来別(現・三笠)〜忠別太(現・旭川)間を開削し、空知から上川へ至る上川道路を敷設しました。

 

f:id:CebunseaS:20181122173851j:image

上川は四方へ開拓を進める拠点に相応しい。赤色立体地図より。

 

上川道路に沿って北海道内陸部への入植が進み、1890年に旭川が開村します。

さらに1892年には、上川盆地の開墾を進めるため、旭川東郊に屯田兵第三大隊第三中隊・第四中隊が200戸ずつ入植し、旭川兵村が開村します。

この旭川兵村には、1892年に旭川小学校が、1893年旭川神社が設けられるなど、本村を出し抜いて発展していきます。

 

2. 旭川

旭川兵村に押されぎみだった本村でしたが、逆転のチャンスが訪れます。

1895年に日清戦争終戦し、日本は次なる日露戦争を見据えて、国防の強化に取り組みます。

翌1896年には対露前線となる北海道に第7師団を編制し、ほとんどの連隊が旭川に駐留することとなりました。

 

このとき、旭川旭川兵村が紛らわしかったのでしょうか。

1897年に北海道は旭川兵村をウシシュベツに改称したうえで、永山村に編入しました。

 

3. 東旭川

ウシシュベツへの改称ならびに永山村への編入は、旭川兵村にとって寝耳に水でした。

このため、旭川兵村では反対運動が沸き起こります。

翌1898年、北海道は反対運動に押される形で、永山村から東旭川を分村しました。

さらに、既に設置されている旭川小学校旭川神社については、引き続き旭川の名を冠してよいと告示しました。

こうして、旭川旭川の字を留めることができました。

 

夕張や室蘭など、北海道には地名の指し示す範囲が移ってしまった移転地名が多くあります。

これらの地名の移転的にはそれぞれ、大夕張や元室蘭といった地名が残っており、東旭川もその一つであると言えるでしょう。

 

参考