うみのおと

まちのこと ひとのこと うみのこと

盛岡

盛岡は岩手県の県庁所在地です。

 

f:id:CebunseaS:20190219192643j:image

盛岡地方裁判所石割桜。国の天然記念物。

 

盛岡藩の城下町として岩手県の県庁所在地となった盛岡ですが、城下町ゆえに市街の枢要に城郭が鎮座しています。

近代に入り膨張を続ける都市は城郭とどう向き合ったのでしょうか。

 

 

1. 盛岡城

盛岡の誕生は1591年、豊臣秀吉重臣浅野長政が、奥州9か郡を領する南部氏にとって三戸城は北すぎると当地への移城を助言したことに遡ります。

助言を受けた南部氏は盛岡への移城を決定し、1597年から築城工事に着手しました。

当地が選ばれた理由として、雫石川北上川中津川の3川合流点に突き出す残丘が要害に相応しいと考えられたからです。

 

f:id:CebunseaS:20190309210300p:image

f:id:CebunseaS:20190219194344p:image

東から流れる中津川、北から流れる北上川、西から流れる雫石川の合流点に花崗閃緑岩質の残丘が突き出ている。地理院地図、スーパー地形、シームレス地質図より。

 

そして、当城の縄張りとして、起伏を均して内曲輪を堀で囲み、南部氏一族や藩の重臣の屋敷を配置して外曲輪としました。そして、外曲輪の北側と東側の中津川対岸の城下を堀で囲み、武士や町人たちの屋敷街である遠曲輪を配置しました。

さらに中津川以北の湿地帯を市街地とし、1609年から1612年にかけて中津川に上の橋・中の橋・下の橋の盛岡三橋を架橋しました。

 

盛岡城下。盛岡市HPより。

 

f:id:CebunseaS:20190314141606j:image

中の橋に所在する旧盛岡銀行本店。


以来盛岡は、盛岡藩10万石の中枢として栄えました。

 

2. 岩手公園

盛岡をはじめとする城下町に変革をもたらしたのは廃藩置県でした。

1870年に発足した盛岡県は盛岡城跡に県庁を置きましたが、翌1871年に現在地に県庁を移転し、城跡は陸軍省の所管となりました。

しかしながら、陸軍者は盛岡城跡を使用することがなかったため城内は荒廃し、1874年に民間に払い下げられるの、建物や樹木の大半が撤去されました。

この盛岡城の荒廃を憂いた南部家は、1890年に盛岡城跡を買い戻し、1899年には堀の浚渫や桜山神社の建立を行うなど風致の向上に努めましたが、それでも城跡の多くは荒廃したままでした。

 

そこで1903年岩手県盛岡城跡を借用して公園を整備する案を決議し早速整備に着手しますが、翌1904年に日露戦争が勃発し、整備中断を余儀なくされます。

翌1905年に勝利しましたが、東北地方は三大冷害に見舞われます。

 

1905年、東北地方を冷害が襲った。仙台管区気象台HPより。

 

このため岩手県は、窮民救済事業として城跡公園の整備を進め、1906年に岩手公園が開園しました。

 

3. 大通

盛岡に鉄道が開通したのは1890年のことでした。

しかしながら、盛岡城下は中津川・北上川雫石川が合流する要害に設置されました。

このため、鉄道は盛岡城下へ接近することができず、当初は奥州街道沿いの仙北町への駅設置を計画しました。

しかし、これまで奥州街道の陸運と北上川の水運で栄えてきた仙北町にとって新たな交通機関の挿入は文字通り死活問題でした。このため強い反対運動が展開され、日本鉄道(現・東日本旅客鉄道)は北上川雫石川に挟まれた河川敷に盛岡駅を開業させます。

 

f:id:CebunseaS:20191024083717p:image

鉄道は盛岡城下だけでなく仙北町さえも避けた。今昔マップより。

f:id:CebunseaS:20190323081149j:image

雫石川北上川に挟まれた盛岡駅

 

この盛岡駅の開業は盛岡城下の構造を一変させました。

すなわち、仙北町から盛岡城を迂回して北へ抜ける奥州街道を背骨とした盛岡城下に、盛岡駅から北上川の旧河川敷を抜けて盛岡城に至る東西軸が挿入されたのです。

 

f:id:CebunseaS:20191024085520p:image

盛岡城下を蛇行する旧北上川治水地形分類図より。

 

この上川旧河川敷は江戸時代に北上川を付け替えた際に生まれたのですが、交通軸から逸れた低湿地であったため、南部家所有の菜園として利用されるに留まりました。これは近代に入っても変わらず、1899年に岩手県立農学校(現・盛岡農業高校)が移転してきたのみでした。

盛岡駅盛岡城下の間に広がる菜園は立派な残余地でした。これを盛岡財界が見逃すはずもなく、1927年に南部家から払い下げを受けると、菜園を埋め立てて盛岡駅から盛岡城へ伸びる大通を敷設し、商店街と宅地を開発しました。

さらに、1931年には本宮村に移転した岩手県立農学校跡地の払い下げも受け、こちらも宅地として開発されました。

 

すると、盛岡市街には盛岡駅盛岡城下という2つの核が生まれ、これが盛岡城によって分断された格好になったのです。

この分断はいちはやく解消すべきテーマでした。

f:id:CebunseaS:20191024083939p:image

2つの都心を分断する盛岡城。今昔マップより。

 

4. 盛岡更生市場

1930年、当主が逝去し、相続税の支出に困った南部家は盛岡城跡の処分を検討し、1934年に岩手公園が盛岡市の所有となりました。
すると盛岡市は、岩手公園内に東大通りを敷設し、大通と盛岡城下を直結する計画を企てました。しかしながら、この計画は戦況の進展に伴い頓挫します。

 

戦後、盛岡市が東大通り敷設を企図していた櫻山神社境内地に、海外からの引揚者がバラック店舗を構えました。

1946年にはこれらの店舗により盛岡更生市場が組織され、櫻山神社境内地を借地して仮設店舗が設けられました。

 

f:id:CebunseaS:20190314090534j:image

じゃじゃ麺満州からの引揚者がバラック満州料理・炸醤麺をふるまったものが由来。

 

しかし、境内地所有者市有地居住者の利害が対立し、1949年に境内地の盛岡更正市場協同組合と市有地の亀ヶ池通商業協同組合に分裂します。さらには、1948年以降に南部家が売却した民有地を購入した地権者により第二組合が組織されるなど、事態は混迷を極めました。

 

f:id:CebunseaS:20190329142953j:image

所有者が入り組む岩手公園。盛岡市HPより。

 

こうした中で盛岡市は1950年から亀ヶ池の埋め立てを始め、1954年には東大通り予定地に位置する店舗を移転させました。
この東大通り開通の一環として、東大通商店街の一部に県有地と市有地に店舗兼住宅が建設され、盛岡市の管理のもと契約が締結されました。

 

f:id:CebunseaS:20191024084449p:image

大通と中ノ橋通を連結する東大通り。今昔マップより。

 

しかしながら、盛岡市はかねてより桜山神社周辺の公園化を企図しており、1956年に都市公園計画を決定しました。

1959年、盛岡市はこの都市計画決定を確かなものにするため、公園整備事業実施時には協力するという条件のもとで商店街の区画整理ならびに店舗建築を行いました。

 

f:id:CebunseaS:20190223084450j:image

桜山神社参道。多くの店舗は1959年に建築されたもので建替は厳しく制限されている。

 

盛岡市の不断の努力は続き、1970年に桜山神社岩手県産業会館間の桟橋店舗を撤去し
、2002年には桟橋から東大通りを挟んだ県有地を払い下げて、再開発ビル・East21を建設しました。

 

盛岡藩の枢要として盛岡を支えてきた盛岡城は盛岡都市計画の枢要として今も生き続けているのです。

 

参考