うみのおと

まちのこと ひとのこと うみのこと

志賀公園

志賀公園名古屋市北区に位置する5haの公園です。

 

f:id:CebunseaS:20190514093615p:image

志賀公園。東側宅地に続く園路と連続した街区が目につく。地理院地図より。

 

今回は都市公園からみた都市史のお話です。


1. 寄付公園

近代に入り都市が過密化すると、1920年都市計画法が施行され、名古屋市でも本格的な都市計画がはじまりました。
この都市計画の一環として1926年に告示されたのが名古屋都市計画公園です。本計画では、都市風致のために保存すべき水辺地・樹林地・神苑・史跡名勝を核として、いずれかの公園に2km以内で到達できるように以下の24園が計画されました。

稲永、土古、小碓、荒子、松葉、横井山、中村、白川、押切、庄内、志賀、建中寺、長母寺、城山、東山、鶴舞、萩山、田光、熱田、熱田神宮呼続、笠寺、道徳、鳴尾

 

しかしながら、これは単なる都市計画決定であり、名古屋市には開園へ漕ぎつけられるような財源がなかったため、机上の空論だと揶揄されました。

そこで名古屋市は、土地区画整理組合からの公園寄付に頼ることにしたのです。

 

志賀公園は、西志賀の平手政秀旧跡を核に決定された8haの公園でしたが、1802年に建立された石碑を除いて田畑が広がるのみで、都市公園には程遠い有様でした。

 

f:id:CebunseaS:20190514093654p:image

西志賀地区。村落のほかは田畑が広がる。今昔マップより。

 

志賀公園の整備は西志賀区画整理組合によって担われ、田畑を埋め立てるために0.2haの池が掘削されました。

ただ、整理面積の1割を志賀公園が占めたため、整理事業が早晩に行きづまり、平手政秀旧跡を中心とした2haへの計画縮小を余儀なくされます。

 

しかし、未完成ながらも来園者が増え、住環境の良さが人気を博して西志賀区画整理組合の経営が好転し、1932年には公園南部が拡張されました。

こうして、志賀公園の存在によって経営が好転した西志賀土地区画整理組合から、1934年に寄付されたのが志賀公園で、名古屋市で初めての寄付公園でした。

この志賀公園の成功を受けて、他組合からの公園寄付が相次ぎ、名古屋都市公園計画は大躍進しました。

 

2. 防空公園

こうして開園に漕ぎつけた志賀公園は、まだ計画面積8haのうち3haしか開園していません。

残る東西部5haは西志賀土地区画整理組合によって確保されており、都市計画指定が敷かれたためみだりな開発も許されず、田畑と園路が保存されました。

 

f:id:CebunseaS:20190514094624p:image

土地区画整理事業は東西の公園予定地を残して完成した。今昔マップより。

 

公園計画が進展するのは昭和に入ってからでした。

本土空襲への脅威の高まりから1937年に防空法が施行され、防火の観点から1939年に公園事業用地取得に対する国庫補助制度が創設されました。

また、国民の体力増進を図るため、運動公園の建設が進みました。

 

志賀公園でも、1942年に公園西側を拡張して運動場を設置する計画が企てられ、1945年には未着手であった西側3haが防空緑地公園として事業決定されました。

しかしながら、いずれの計画も具体的に着手される前に終戦を迎え、公園計画は宙吊りになります。

 

3. 宅地化

終戦を迎えても、依然として志賀公園の東西側には未着手の公園用地が残されました。

 

f:id:CebunseaS:20190514095125p:image

園路を基に整備された田畑。国土地理院より。

 

これまで都市計画公園指定によって法的拘束力もないまま保護されてきた公園地でしたが、戦後の急速な都市膨張に押し負けて、園路を残したまま宅地化してしまいました。

 

f:id:CebunseaS:20190514095226p:image

東西予定地の宅地化が進展してしまう。今昔マップより。

 

そして、都市計画決定から相当年月が経過したとして、1958年に東側部3haが計画削除され、志賀公園の計画面積は5haとなりました。

一方、公園未整備である西側2haについては改めて都市計画決定され、1981年と2014年の用地買収を経て現在に至ります。

 

4. 機能付与

1973年、厚生省(現・厚生労働省)は身体障害者福祉モデル都市の設置を提唱しました。

名古屋市では、1978年に区単位のまちづくりを決定し、北区は志賀公園に友愛広場を設置しました。


そして、名古屋新世紀計画2010の一環として、2004年に健康福祉局は志賀公園西側の工業技術試験所跡地にクオリティライフ城北21の設置を決定しました。

 

都市問題に対処する役割を果たすため、志賀公園は自らを宅地に変えてでも、懸命に作用したのです。

 

参考

  • 白幡洋三郎,近代都市公園史の研究,思文閣出版,1995
  • 丸山宏,近代日本公園史の研究,思文閣出版,1994
  • 日本公園百年史刊行会,日本公園百年史,日本公園百年史刊行会,1978
  • 青木公彦,戦前の名古屋都市計画公園史について,平成24年度NUI特別レポート,2013
  • 青木公彦,名古屋都市計画公園緑地等の歴史(戦後〜昭和44年),2017
  • 向口武志,戦前名古屋における「名古屋都市計畫公園」の実施過程,日本都市計画学会都市計画論文集47,2012
  • 向口武志,戦前名古屋における志賀公園の成立に関する研究,ランドスケープ研究75(5),2012
  • 石神甲子郎,名古屋都市計畫公園指定の効果,造園雑誌3(3),1936
  • 志賀公園管理運営方針